30万円借りる

主婦でも30万円なら借りれるかも

30万円って借りるのには微妙な金額ですよね。。

 

住宅ローンやマイカーローンのように大きな金額ではありませんが、子供の教育費や、海外などちょっとした家族旅行をすると必要になる金額ですが、貯めておかないとスグに準備できる金額でもありません。

 

先日、姪っ子が自動車の運転免許を取るために教習所に行きはじめたのですが、教習代も30万円くらい要るんですよね。

 

そういときに便利なのは、やはりカードローンでしょうね。お金が必要になったときにいつでも近くのATMで借りることができますから、とても便利だと思います。

 

私もしっかり持っていますが、30万円なら主婦でも借りれる商品は多いですよ。少し紹介しますね。

 

WEB契約なら当日振込も可能なプロミス

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息になるサービスもあります。
パートやアルバイトの方なら主婦でも申し込むことができます。

 

はじめての方に安心な金利のアコム

来店不要で審査回答が最短30分のスピーディな対応で即日融資も可能です。
はじめての方なら契約の翌日から最大30日間金利が0円のサービスがあります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン<バンクイック>

主婦でもパートなどで一定の収入があれば借りることができます。
専業主婦の方の利用限度額は30万円までとなっています。

 

 

30万円なら借りれる!
30万円なら借りれる!


30万円以上のお金が必要になったら?

妻に相談、それができないケースは銀行のカードローンを利用

私は自営業、妻と2人で店を経営しています。ですから、妻は人生のパートナーであると同時に仕事のパートナーでもあります。いわば「一蓮托生」、なにがあっても妻に相談するのが基本です。

 

家計も店の経理も、妻が管理してします。ですから、もし30万円のお金が必要になったら、妻に話すと思います。仕事上で必要なお金なら、問題ないでしょう。店の口座から、すぐに出してくれるにちがいありません。

 

問題なのが、プライベートで必要になったケースですが、やはり妻に相談するだろうと思っています。妻はおそらくしぶしぶではあっても、家計から捻出してくれるでしょう。私が金融会社などから借金するよりも、そのほうが結果として、家計を圧迫しないですむのですから。

 

ただし、妻の耳にはとても入れられない理由で、30万円が必要になるケースもあるかもしれません。その時は、私の個人口座の銀行のカードローンを使うしかありません。まだ、実際に利用したことはありませんが、たしか100万円の限度額で、キャッシングできるはずです。

 

その場合、「どうやって返済していくか」という大きな問題が残ります。けれど「背に腹はかえられない」と言いますから、おそらくカードを使うことにするでしょう。

 

中古車を購入するときに30万円が必要となります

30万円のお金が必要になるときですが、中古車を購入するときですね。車が無いことには何もできない場所に住んでいるので、車は借金をしてでも手に入れなくてはならない代物です。

 

10万円程度ならば貯金を崩して支払いをしますが、30万円くらいになると銀行にお金を借り入れします。低収入であるので銀行でお金を貸してもらえない時は消費者金融で借り入れします。

 

銀行の審査は厳しいらしいですし、申し込みや審査にかなりの時間が掛かるらしいです。急ぎのときにはお金が借り入れできません。

 

よって最初から銀行にはあまり期待をしていません。消費者金融は最後の手段ですので、消費者金融でお金を借り入れができなかったら途方に暮れてしまいます。

 

消費者金融については、低収入、パート、アルバイトでも借り入れができる、審査は即日で終わり、即日にお金が手に入ると聞いています。但し、やはり利息は高いと思われるので、なるべく低金利の業者を選びたいです。

 

結婚式の費用を調達してもらったこと

私は、結婚式の費用が、結婚式をしようと思うまで、そんなにもかかるなんて思いもしませんでした。結婚式を挙げるのに30万円くらいかと思っていたら、私が理想とするプランだと200万以上かかることが分かった時、正直結婚式なんてしなくていいと思ってしまいました。

 

でも、親が「一生に一度の結婚式だから、お金のことは心配しなくていいから、自分がしたい結婚式の計画を立てなさい」と言ってくれたのです。私は、私が結婚する時にかかるお金を用意しておいてくれたことに感謝しました。

 

そしたら、相手の親が、自分達が出すと言い出したのです。見栄の張合いみたいな感じになっていました。そこで、結婚式の費用は自分たちは銀行から30万円借りることにして、残りを折半して両家の親が払ってくれたのです。

 

とても、ありがたいことだと思っています。そんな大金は私たちではとても用意出来ませんでした。ですから、私もその感謝を忘れずに、これからも両方の親たちに、しっかりと親孝行して行きたいと感じました。結婚式でかかった費用以上に頑張って親孝行します。